RSS Feed

NYダウの歴史!史上最悪の金融危機、ウォール街大暴落とは?

Add

2016年6月27日“くりっく株365”にNYダウがいよいよ上場しましたね。
もともとNYダウ自体、個人投資家たちにも人気があった商品なので今回の上場を待ち望んでいた方も多いかと思います。
しかしそんな中、NYダウの事をあまりよく知らない方も少なくないはずです。
取引の仕組みやメリット、デメリットはもちろんですが、まずはNYダウの歴史を知るところから始めてみませんか?
過去を知ることで動きを予測しやすくなり、これからの取引にもきっと役立つことでしょう。

NYダウの始まりは1896年。
現在30銘柄が対象となっていますが、当時は12銘柄だけのスタートでした。
1896年5月26日NYダウの初値は40.94ドルから始まり、そこから76年もの歳月を経て1972年に1,000ドルの大台にようやく乗りました。
しかしその間に、20世紀前半の歴史上最悪と言われる壊滅的な大暴落が起こるのです。
1929年の米国経済は好調でNYダウは上がる一方でした。
同年9月3日には381.17という最高値を付け、誰もがバブル到来を予測していたのですが、夏以降になると工業指標は下向き始め、一部では株高を心配する声もあったのです。
そして同年10月24日、ニューヨーク株式市場(ウォール街)では約1ヵ月間にわたり、一連の株価の大暴落が起きました。
11月13日には198.60の底値を付け、1か月未満の間に200.00近くNYダウが下がり米国だけでなく世界の株式市場にも大きく影響を及ぼしたのです。
この出来事は「ウォール街大暴落」と名付けられ、史上最大の金融危機として今もなお語り継がれています。

くりっく株365でNYダウを取引する際、ニューヨークとの時差やドル建て取引なのかなど気になる点が幾つかあるかと思います。
しかし安心してください。
くりっく株365ではほぼ24時間取引が可能なので時差をあまり気にすることがありませんし、円建て取引で行われるので為替レートや為替リスクを気にしながら取引しなくても済みます。
さらに、レバレッジを効かせることもできるので少額額資金からスタートできる!というところも魅力の1つです。
現在、米国は大統領選や利上げなどが注目されていますね。
上場したこの機会に、米国に投資してみてはいかがですか?

株価指数を対象にした投資とは?戦略を立ててチャレンジ!

Add

ニュースなどでよく耳にする“株価指数”。
名前は聞いたことがあるけれど、その意味までは分からない…という方も多いのではないでしょうか。
今回は株価指数と、株価指数を対象とした資産運用について詳しく説明したいと思います。

まず始めに株価指数ですが、ある市場もしくは業種における特定銘柄を集約し平均化したものになります。
もっと分かりやすく言うなら日本では日経225やTOPIX、海外ではNYダウやFTSE100、S&P500などのことを指しているのです。
中でもTOPIXは市場全体の株価の動きを表しているので、日本経済を知る為には重要な指標として報道ニュースでは必ずと言ってもいいほど発表されています。
NHKのニュースなどでは馴染みの単語となっているのではないでしょうか。
株価指数自体、製品ではないので直接取引することはできませんが、CFDやオプション、先物などデリバティブにより取引をすることは可能です。
特に株価指数はCFDの中でもポピュラーな取引形態であり、株式CFDよりも分かりやすいという理由から上級者だけでなく初心者にも人気があります。
日本経済が大きく絡んでくるので、単に資産運用を目的にするだけでなく知識も一緒に得られるというところもまた魅力かもしれません。

既に少し触れてしまいましたが、株価指数に投資できるものについて説明したいと思います。
株価指数に投資できるものと言えば、CFDやオプション、先物となります。
メリットとデメリットはそれぞれありますが、初人者から上級者まで人気が高いのはやはりCFDでしょう。
その理由としては景気が良さそうな時には上がる傾向が、逆に景気が悪そうな時は下がる傾向が比較的見られるので初心者でも見当がつきやすいこと、そして株価指数CFDは日本だけでなく世界の株価指数CFDにもチャレンジできるグローバルな投資のため、上級者にとってもやりがいが感じられることが挙げられます。
CFDの取引は24時間行われているので、まずは自分なりに戦略を立ててチャレンジしてみてはいかがですか?

くりっく株365に待望のNYダウが上場!

Add

2016年6月27日に、今や多くの方が活用している“くりっく株365”にNYダウが上場しました。
NYダウは米国を代表とする株価指数ということもあり、多くの個人投資家に人気の商品なので、今回の上場を待ち望んでいた方は少なくないはずです。
ちなみにくりっく株365には他にも日経225やイギリスのFTSE100、ドイツのDAXとあり、NYダウは4番目の上場になります。
今回の上場では取引の対象がNYダウということだけで、取引自体そのものが変わるわけではないので、くりっく株365を活用していた方にとっても一気にNYダウが身近な存在になったかもしれません。
基本的に仕組みそのものはFXと同じになります。
最初に元手となる証拠金を用意し、数倍から数十倍までのレバレッジを掛けて運用します。
もしNYダウが予測通りに動けば利益となり、予測に反する動きをすれば損失になるという至ってシンプルな取引です。

ただ、シンプルな取引と言われてもやはり心配になるのは時差やドル建て取引になるのかどうか、というところだと思います。
まず時差について説明します。
東京とニューヨークの時差は14時間あり、ニューヨークが昼間の時、日本は夜中です。
ニューヨーク証券取引所が開いているのは日本時間で22時30分から翌朝の5時までになりますが、くりっく株365ではほぼ24時間取引することができるので、日常生活に支障が出るようなことはありません。
また、雇用統計の発表時間も21時30分なので、就寝前に確認することもできます。
さらにドル建て取引を心配される方もいるかもしれませんが、くりっく株365では円建て取引になるので、為替相場を気にする必要がないのです。

最後に、NYダウが投資対象となるなら英語は必須!?と思った方は多いのではないでしょうか?
英語が苦手な方にとっては、興味を持っていても挫折してしまう大きな要点になってしまいます。
確かに企業が公表しているIR情報は英語で書かれていることが多いので、英語が得意な方のほうが有利かもしれません。
しかし企業のIR情報よりもニュースで報道されているアメリカ政策のほうが与える影響は大きいので、特に英語ができなくてもさほど支障には感じないでしょう。

初心者でも大丈夫!チャートを活用したダウ平均株価への投資

Add

突然ですが、皆さんは「ダウ平均株価」という単語を聞いたことはありますか?
よくニュースや新聞で耳にしたり、目にしたりする単語ですが意味まで理解している方はどのくらいいるでしょう?
恐らく投資に興味を持っている方でないと、知らなくてもさほど気にしないかもしれません。
しかし景気不安を抱えている今、投資に興味を持ち始める方は増加傾向にあり、上手に資産運用を行っているようです。
特に人気が高いFXでは、くりっく株365にダウ平均株価が上場したことをきっかけに以前よりもNYダウの動きに敏感になっている方は多いように思えます。
覚えてしまえば初心者でも投資できるので、この機会に覚えてみてはいかがですか?

そもそもダウ平均株価とは正式名称ニューヨークダウ平均株価であり、他にもダウ平均やダウ工業株30種などと呼ばれることもあるアメリカ合衆国の代表的な株価指数のことを言います。
日本で言う日経平均や日経225のニューヨーク版といったら分かりやすいかもしれません。
前文でも少し触れましたが、実はこのダウ平均株価が2016年にくりっく株365に上場したことで一気に注目度は高まっています。
その理由は様々ですが、なんといっても米国経済の強さが挙げられるでしょう。
過去の動きをみてみると、リーマンショックを経た後のダウ平均株価と日経225には大きな差があることが分かります。
リーマンショック後、日経225は数年かけて少しずつ上昇し、2015年になってようやくリーマンショック前と同じくらいまで回復することができました。
しかしダウ平均株価はリーマンショックを経てもすぐに大きく上昇し、2015年にはリーマンショック前よりも高値を更新している状態です。
この復元力の強さは日本や欧州にはない特徴なので、これを活かした投資が注目されます。

ダウ平均株価のチャートはリアルタイムで見れますし、英語力が備わっていないと投資できないわけではありません。
こちらでもダウ平均株価の記録ブログ情報を提供しているので是非、チェックしてみてください。

日経平均株価指数とNYダウの関係、日本経済にどう影響する?

Add

近年FXや先物取引などにチャレンジし始めた方、興味を持ち始めた方は増加傾向にあります。
以前に比べるとパソコンやスマホなどの普及によって投資できる環境が整っている事や取引対象となる商品が充実している事、そして銀行でのマイナス金利政策などが影響している事が挙げられるでしょう。
ただ、せっかくチャレンジしたとしても数カ月で止めてしまう人は少なくないようです。
その理由には為替相場や日経平均が予測とは反する動きをしてしまい、損失ばかりを繰り返してしまう…といった悩みが大きく関係しています。
確かに予測に反してばかりだと損失も大きくなり、不安に感じてしまいますよね。
では、どうすれば損失を最低限に抑えられるのか?
今回はそんなところに着目してみたいと思います。

まず始めにトレードする際、皆さんは何を基準にしながら取引を行っていますか?
例えば為替相場の動きを予測するFXを行うのであれば、過去の相場の動きはもちろんですが他にも為替と相関関係があると考えられている日経平均株価を参考にしたりしますよね。
過去の相場の動きと日経平均株価を参考にすれば十分!と思われるかもしれませんが、これだけではやや物足りなさを感じてしまいます。
実はここでもう1つ、参考資料として取り入れれば為替相場の動きを予測しやすくなるのです。
その参考資料とは、テレビのニュースなどでよく耳にするNYダウの事です。
一見あまり関係ないように思われるかもしれませんが、日経平均はNYダウと同じように動く傾向があり、多くのトレーダーたちが注目している存在なのです。
そもそも日本は自動車メーカーや電化製品メーカーなどアメリカに輸出し、利益を得ている輸出企業が多く存在しますよね。
つまり、円安ドル高になればアメリカで売られている日本の製品は安くなり、買い求めやすくなります。
そうなれば輸出企業は売り上げが上がり株価も上昇し、日本経済も良くなるということです。

NYダウと日本平均株価に絶対的な関係性があるとは言い切れませんが、ここ数年の動きをみると似たような動きをしやすい傾向はあります。
このように参考になる資料をすることで、効率よく進めることができるでしょう。